VAC現地法人スタッフのコラム
Staff Column

VACサイゴンスタッフコラム

バィンセオ

ベトナム料理はたくさんの有名な旬の食べ物があります。
「セオセオ」というフライパンにパウダーを注ぐ音から「バィンセオ」と呼ばれているものを紹介します。
「バィンセオ」は昔からベトナム人のあいだで人気のある料理です。
主な成分は米粉、ココナッツジュースですが、それぞれの地方や地域で独特の味があります。
ベトナムの南西部の人々は、もやし、パパイヤ、ベーコン、サクラエビ、チキンやアヒルのミンチ肉を具としたバィンセオを誇りに思っています。
カラシナ、ドクダミ、コリアンダーなどの香菜と一緒に食べます。
白キャベツ、繊切りの赤い大根の入ったソースをつけるとバィンセオの味をよりおいしく味わえます。
南西部のバィンセオには、深い意味があります。南西部の人々はバィンセオを一人で食べることはありません。家族が集まって一緒に食べます。そのため、バィンセオを大きく作り、皆でわいわいと楽しんで、分け合って食べます。