お知らせ
Information

会計年度変更の御案内


国家の予算年度は2018年より、従来4月~翌年3月の会計期間から2018年10月~2019年9月に変更されましたが、一般企業の会計年度は従来のままでした。
今回 計画・財務省の2019年5月15日付通知により、すべての企業は2018年度国家税収法に従い、会計年度(所得年度)も予算年度と同様、2019年から以下の通り変更されることとなりました。

(1)2019年3月期
①2018年4月1日から2019年3月31日の12ヶ月間を通常通り、1会計年度として決算を行う
②税務署は2019年4月1日から2019年9月までの6ヶ月間に上記①の課税手続きを完了する予定

(2)2019年9月期(※会計年度変更)
①2019年4月1日から2019年9月30日の6ヶ月間を1会計年度として決算を行う
②税務署は2019年10月1日から2020年9月30日までの12カ月間に上記①の課税手続きを完了する予定
 
2019年10月以降は、毎年10月から翌年9月までを会計年度(所得年度)とし、会計年度(所得年度)の翌年度が課税年度とされます。
計画・財務省から2019年5月15日付の通知(ミャンマー語版)は添付通りです。

会計年度及び課税期間の変更について(PDF)

※ ベトナム情報はグループ会社 VACサイゴン税理士事務所(http://vac-viet.com)、
  ミャンマー情報はグループ会社 VACヤンゴン会計事務所(http://vac-gr.com)の情報を参照しております。