インレー湖

2018年11月19日(月)

インレー湖 ミャンマーのシャン丘の一部であるシャン州タゥンジー地区のニャンシュエ郷に位置しています。ミャンマーでは2番目に大きな湖で、湖全体がニャンシュエ市にあります。インレー湖の人々をインターと呼ばれ、湖のほとりである多数の小さな村で住んでいます。生活として農業、漁業、織物 などをしてます。住宅、レストラン、作業場、市場から、なんとパゴダまで湖上で完結しています。
地元の漁師は独特の漕ぎ方スタイルで片方脚の船尾に立って、もう一方の脚を漕いで漕ぐことで知られています。その上、地元の人々は湖の表面に浮いている大きな庭で野菜や果物などが栽培されております。今、バッグとして使用しているシャン族の鞄がインレー地域で製造されると言われていました。
いくつかの祭典は8月から10月にかけて、インレー湖と周辺地域で行われます。その中で一番有名な 祭りはファウンドーウーバゴダ祭りでした。18日間の フェスティバルはシャン州で最も重要な祭典です。片足漕ぎのボートレースがあり、にぎやかな祭典です。皆さんもインレー湖のお祭りで代表的な料理であるタミンジン(shan rice ball) 、シャン豆腐の和え物 、などを食べながら参加してください。。。。

カイン

海外進出支援メニュー

海外進出顧問

海外進出顧問サービス内容
海外進出支援メニュー

現地生活情報サポート

現地生活情報サポートサービス内容