ミャンマーのカロー

2019年11月11日(月)

ミャンマーといえば世界遺産に登録されたバガン。Trip Advisorから発表されたベストビーチ、アジア部門で一位を獲得した「ガパリビーチ」など。色々な有名なところがたくさんありました。その中ではイギリス植民地時代から避暑地として観光客や住民も人気な楽しめるカローのところをおすすめします。カロー街は、ミャンマー東部シャン州のタウンジー区にある街です。

(1) カローヘリテイジホテル

100年以上前、英国の植民地時代に避暑地になっていた頃から建っていたカロー ヘリテイジホテルです。

(2)レッド。ホイス(レストラン)

店内にピザ窯を持ち、 パスタやピザからワイン,コーヒまでイタリアの食べ物を売っているイタリア人が持っている外国人、人気のレストランです。営業時間は11:00 ~22:00までです。ワインを飲みながら楽しい時間を一緒にすごせます。

(3)カローファンムホッス

丘内にある展望レストランです。丘内にレストランさんが持っているファンムがあって、野菜とかをすぐにたくさん摘むことができますのでミャンマーの伝統的な地元美味しい料理をお楽しみいただけるます。

または、カローにトレッキングをされるため来れる旅行者が多くて、フランスじん一番多いです。そして、新婚旅行人気の一つです。見どころはたくさんありますので楽しめると思いますので、トレッキングや自然の空気とかを感じたい方は是非来たください~ね。。。 ( ^◡^)

筆者:Ms. Phyu Thin Khine

 
 
周辺地区へのトレッキングやハイキングの拠点として、欧米からの旅行者を中心に人気が増加傾向である。

こんなに美味しいスイーツで非日常的な時間を過ごすことができるなんて …

海外進出支援メニュー

海外進出顧問

海外進出顧問サービス内容
海外進出支援メニュー

現地生活情報サポート

現地生活情報サポートサービス内容