ミャンマー気象学者

2019年11月25日(月)

ミャンマーで署名な気象学者であるTun Lwin氏が、11月4日におなくなりになりました。 
先生は1948年1月17日にマンダレー管区のガズン郡クラ村で生まれ、1965年に17歳で上京し、気専門大学の職員として採用されました。その後、独学で学びました。2003年には気象学部長まで昇進されました。44年を過ごした後、Tun Lwin博士は2009年に退職しました。退職後、気象学および水文学的研究の研究者を務めました。先生はミャンマーでよく知られた活発な「ネチズン」であり、ミャンマー気候変動ウォッチ(MCCW)として無料の非営利サービスを運営していました。講演や新聞、雑誌、雑誌、テレビ、ラジオなどのさまざまなメディアに出演して天気や気候に関する一般の人々を教育することに加えて、先生はFace bookを通じて無料の天気更新を提供し、自分自身に関する更新や逸話も時々投稿しました個人的な生活をしていました。
なくなったとき71歳です。ミャンマー国民が気象のことなら彼しか信じられない気象学者として決まっています。彼が報告した情報がいつも100%正しいです。ミャンマーで先生より詳しい気象学者まだいないです。農業する人なら彼の天気予報を見て働きいでいますが今なくなって皆困っています。全国としてとても悲しいことです。

筆者:Ms. Wai Wai Naing

海外進出支援メニュー

海外進出顧問

海外進出顧問サービス内容
海外進出支援メニュー

現地生活情報サポート

現地生活情報サポートサービス内容