ナムカン地域(Nam Can)のカニ

2019年5月21日(火)

ナムカン(Nam Can)地域は、ベトナム国内のカマウ地方にあります。そこは、海に地域の二方が接していて多くの川や運河のある地理的にとても特別な場所です。
ナムカンには、ナムカン川(Cua Lon川とも呼ばれる)があります。片側の海からもう片方の海へ流れる川でどちらが下流、どちらが上流といったことはありません。したがって、ナムカン湖沼地域は常に、海水と高い塩分濃度が維持された地域です。これらの環境は肉が美味しく香りが良く甘みのある、その他の地域のカニと違う特徴的なNam Canカニを造りました。
カニは通常、次のような簡単な調理方法で魅力的な料理になることができます。例えば、直火で焼いたり塩ゆでしたりチリガーリックでマリネしたりカニスープにしたりなどです。
しかしカマウ地方の人々にとってカニを捕まえたとき、最も簡単な調理方法はゆでるということです。野生的ですがゆでたカニはカニ肉のもともとの自然の甘味が保たれるカニ料理の最高のものの1つだと考えられています。
作り方は簡単でシンプルです。カニを洗って鍋に入れて約12〜15分煮ます。塩と緑色のチリソースまたは塩とレモンペッパーをつけて食べます。ソースの塩味とスパイシーさが混ざったカニの肉の自然な甘さと酸味のあるカニ肉を楽しめると、かまう地方のカニがなぜ多くのお客さんにとても人気があるのかを理解することができます。

ナムカン地域(Nam Can)のカニ

海外進出支援メニュー

海外進出顧問

海外進出顧問サービス内容
海外進出支援メニュー

現地生活情報サポート

現地生活情報サポートサービス内容