吸管酒ズィウ・カン( Rựu Cần)

2019年10月21日(月)

ベトナムの酒の歴史は、明らかでないが、史書から紀元前100年頃に記録されています。ベトナムでは伝統的な酒 として,中国の甜酒醸(発酵もち米) と同じアルコールを帯びた甜食,醸造酒(アルコール強.化醸造酒を 含む),蒸留酒及び薬用酒などが一般家庭. や小規模な小屋で家内工業的に造られています 。その中の吸管酒ズィウ・カンは特別なベトナムの伝統的な酒です。

現在の吸管酒ズィウ・カンは、15世紀に馬観が見たとされる酒と同じ吸管酒であり、多くの人々が愛飲しています。特に、Tay Nguyen地域で一番人気があります。Tay Nguyen地域は、少数民族が住んでおり、彼らは吸管酒ズィウ・カンを造っていますが、彼ら製法を聞き出すことはできません。基本的には吸管酒ズィウ・カンは、各家庭で味が徴妙に異なり、その作り方は秘伝のため、教えてもらうことはできません。

吸管酒ズィウ・カンの原料は、米、籾殼, Men(餅麹)を使用します。昔は味を良くするために、森にある植物の葉を入れていましたが、現在は用いられていません。また、吸管酒ズィウ・カンを飲むには、細かい竹瀬で、節に穴を開けた竹菅を使用します。

吸管酒ズィウ・カンは、正月やお祭り、結婚式の際に飲まれます。 Tay Nguyen地域は観光地であり、吸管酒ズィウ・カンは有名です。Tay Nguyen旅行の際は、土産話にローカルの吸管酒ズィウ・カンを試してみてはいかがでしょうか。

筆者:Phạm Nguyễn Kiều Chinh

海外進出支援メニュー

海外進出顧問

海外進出顧問サービス内容
海外進出支援メニュー

現地生活情報サポート

現地生活情報サポートサービス内容