ベトナム子供の民俗遊び

2019年11月11日(月)

大人になると、忙しい人ほど充実した人生を望み、子供の頃の楽しい時間を思い出します。最近では、子供はスマートフォンで遊ぶようになり、自然や文化を継承した民俗的な遊びは、もはや以前ほどには見ることがありません。
大人たちが、自分達の子供のころの遊びを思い出すとき、誰もが子供のころを思い出します。カイトフライング(凧あげ)、綱引き、マンダリンパラソル、縄跳び、箸、石けり遊びなど、たくさんの遊びがあります。民俗ゲームは、田舎の子供たちだけではなく、都会の子供たちにも人気がありました。

カイトフライング(凧あげ):

子供たちだけでなく、大人にも非常に人気のあるゲームです。カイトを飛ばすには、風を使ってカイトを持ち上げる必要があります。カイトは細い糸でコントロールします。 カイトの飛行には風が必要です。風は大き過ぎてもだめで、小さすぎてもだめです。プレーヤーはカイトを持ち上げ、風の方向に合わせて飛ばします。風の条件にもよりますが、カイトをよく飛ぶ時間は、早朝と夕方が多いです。その時の風の強さが、カイトの飛に非常に適しているからです。

オーアンークアン遊び:

これは頭を使う知的な遊びと見なされており、どの子供も、少なくとも一度は遊んでいます。チョーク、レンガ、小石があれば、どこでも出来る面白いゲームです。 チョークで、2 x 5の10個の小さな正方形(正方形)が並んだ長方形のボードを書きます。その両端の外側には、2つの半円が描きます。その中に、レンガや小石を置いて、相手のレンガ、小石を奪い合うゲームです。最後に、相手よりも多くのレンガ、小石を持っていれば勝ちです。

ビー玉を撃ち:

男の子に大人気のゲームの1つです。 丸くてカラフルなビー玉は、その見た目にも魅力があり、 多くの男の子がコレクションとしてビー玉を持っています。 様々な距離から相手のビー玉を狙い、その技を競い合うことが、男の子に人気があるようです。勝者は、自分が当てたビー玉を得ることができます。

現在、経済の発展に伴い、ベトナムの子どもたちは、昔の遊びをすることはほとんどなく、本や課外授業の数回遊ぶ程度です。現在の遊びは、子どもたちにより知的な教育を与えていますが、伝統や文化が消えかけている事実もあります。

海外進出支援メニュー

海外進出顧問

海外進出顧問サービス内容
海外進出支援メニュー

現地生活情報サポート

現地生活情報サポートサービス内容