リ・ソン島のニンニク

2019年11月25日(月)

ベトナムには、多くの有名なニンニク栽培地域があります。有名なのは、リ・ソン島 (Đảo Lý Sơn)、ファン・ラン(Phan Rang)、バック・ジャン(Bắc Giang)、ソン・ラ(Sơn La)などです。特に、リ・ソン島は昔から「ニンニクの王国」と呼ばれており、有名です。リ・ソン島は、火山活動のプロセスと海砂とサンゴによって形成された島です。

ニンニクは、スープの隠し味として使用することができます。また、ニンニク自体を野菜と炒め、料理として出すこともあります。有名なのは、空芯菜のニンニク炒め、貝のニンニク炒めなどです。 みなさんも一度は見たことがあるのではないでしょうか。他にもニンニクをメインとしたニンニクと唐辛子の漬物もあります。

リ・ソン島のニンニクは、豊かな土壌と育ててきた農家の長年の経験により、独自の風味を持つニンニクとして作られています。リ・ソン島のニンニクは成長の過程で、他のニンニクとは異なり、1つの球根しか持たないのが特徴です。(他のニンニクは、1つの大きい球根に、多くの小さい球根があります。)

そのため、リ・ソン島のニンニクは、通常のニンニクと比べて様々な用途があります。リ・ソン島のニンニクは、料理以外にも、お酒に漬けることで、インフルエンザ、腰痛、高血圧、血中脂肪の減少、消化不良などの治療および予防をする薬となります。また、発行させた黒ニンニクには、老化防止薬、癌の予防、不治の病気になるという効果があります。
リ・ソン島へ旅行する時は、ニンニクをお土産に買ってみてください。

筆者: ホン・イェン

海外進出支援メニュー

海外進出顧問

海外進出顧問サービス内容
海外進出支援メニュー

現地生活情報サポート

現地生活情報サポートサービス内容