フエの古都

2019年12月24日(火)

フエの首都にある古都は、19世紀初頭から20世紀前半にかけてグエン王朝によって建設された古代の文化的な歴史の遺産です。フエは旅行するのに理想的な観光地です。豊かな自然、美しい風景をはじめ、特にフエの人々の素朴で親切な性格を感じることが出来ます。その観光地の中にあるグエン王のシステム墓を忘れてはけません。

1.トゥドックの詩的な墓

トゥドックの詩的な墓

ドゥオン・スアン・トゥオン村に位置するトゥ・ドゥック墓は、自然の景色と広大な建築空間の調和により、グエン王朝の墓の中で最も美しい墓です。墓はキエム墓とも呼ばれます。これは、墓内の中に約50軒の建物の名前に「キエム」という言葉が含まれているためです。
緑の木々の広大な自然に囲まれ、大きな湖の近くにあるトゥ・ドゥック墓は古代の特徴を模した建築となります。これを通じて、王の詩的な精神を反映しました。
トゥ・ドゥック墓のミンキーム劇場プロジェクトは、ベトナムで最も古い劇場の1つであり、現在も保存されています。

2.カイディンの墓

カイディンの墓

チャウチュ山にあるカイディン墓は、グエン朝の第12皇帝のお墓です。先代のお墓よりサイズは小さいのですが、カイディンの墓は、最大10年の期間で非常に精巧に造られました。
カイディン墓と他のフエ墓の違いは、東洋と西洋の文化を建築に取り入れている点です。これは、細心に組み立てられた壮大なレリーフ磁器、ガラス、ティートレイ、クラウンなどが、当時のモダンなテニスラケット、油ランプ什器を通じて反映されています。

3.ミンマンの墓

ミンマンの墓

フエ市内中心部から12 キロメトル、カムケー山に位置するミンマン墓はグエン朝のミンマン王のお墓‐グエン王朝の2番目の王のお墓です。お墓は、蓮の湖の隣に造られ、緑色い松林に囲まれています。
ミンマン墓は、叙情的な自然の中に絵画と詩の空間を調和させることで観光者を魅きつけます。
フエに旅行する時いろんな観光地があります。そして、王朝の生活を詳しく知るために、歴代の王のお墓を訪れるのを忘れないように!

筆者: VÕ THANH VI

海外進出支援メニュー

海外進出顧問

海外進出顧問サービス内容
海外進出支援メニュー

現地生活情報サポート

現地生活情報サポートサービス内容