テトのバンチュン

2020年1月6日(月)

バンチュン(Bánh chưng)は、新年(テト)に欠かせない伝統的な食べ物です。新年が来るたびに、家族は新年を祝うために巨大なバンチュンの鍋を準備します。ベトナム人の心の中で、バンチュンは再会の意味を持つ料理であり、シンプルな味でありながらも、温かい再会を感じさせてくれます。

古代のベトナム人によると、はるか昔からベトナムにはバンチュンがあったことがわかります。つまり、古代から、ベトナムの新年の伝統的な象徴となっています。ベトナムの人々は、バンチャンが一年の勤労で忙しく働いた後、家族の再会を示すといつも考えてきました。

味付けの面では、バンチュンは非常にシンプルで簡単なものから作られています。主な材料は、もち米、豆、肉、砕いたサヤインゲンなどです。おいしいバンチュンを作るために、各材料は慎重に選択しなくてはなりません。もち米は、丸くてカビが生えていないものを選択して、調理時にも、もち香りを嗅いで確認します。豆は美しい黄色の豆を選んで、挽いて詰め物を作ります。肉は、ベーコンまたは赤身の肉を、ピーマン、細かく刻んだ玉ねぎと混ぜます。他にも重要な材料として、バンチュンを包むためのドンの葉です。一部の地域では、人々はバナナの葉のを使用しますが、最も一般的なのはドンの葉です。

お供え用として、バンチュンプレートは不可欠ものです。新年の間は、各家庭の祭壇に、祖先崇拝のお供えとしてバンチュンプレートをペアで供えます。こちらも、世代から世代へと受け継がれた伝ベトナムの伝統です。 バンチュンは、天国と大地を象徴しています。これは、ベトナムの人々の心の中で最も温かいものでもあります。

バンチュンは、他のものに置き換えることができないベトナムの新年のシンボルです。

筆者:Truong Thi Tra My

海外進出支援メニュー

海外進出顧問

海外進出顧問サービス内容
海外進出支援メニュー

現地生活情報サポート

現地生活情報サポートサービス内容