サイゴンの桜

2020年2月11日(火)

ホーチミン市の一部の通りではこのところ、4~6月に咲く季節の花で日本の桜にも似た「モモイロノウゼン(ベトナム語:Hoa ken hong)」が満開を迎え、多くの市民を魅了している。

南米北部に分布し,エルサルバドルでは国花として親しまれている。ホーチミン市では、1区のボーバンキエット(Vo Van Kiet)通りやビンタイン区のディエンビエンフー(Dien Bien Phu)通りや3区のボーティサウ(Vo Thi Sau)通りなど、中心部の一部の通りで2009年から試験的に植樹されている。

今年は前の年よりも暑いので、正月後、咲き始めている。
モモイロノウゼンの花はわずか3~4日で儚く散ってしまう。見た目が似ていることから「サイゴンの桜」と呼ばれているほか、試験や別れが近付く季節に咲くことから学生たちの間では「学生の花」ともされている。

筆者:Phạm Nguyễn Kiều Chinh

海外進出支援メニュー

海外進出顧問

海外進出顧問サービス内容
海外進出支援メニュー

現地生活情報サポート

現地生活情報サポートサービス内容