Ponagarタワー

2020年2月23日(日)

ニャチャンにあるPonagarタワーは、Nha Trang- Khánh Hòa(ニャチャン-カンホア)のカイ川の河口にある、海抜約10〜12メートルの小さな丘の上にあるチャンパ寺院です。Ponagarタワーは、ベトナムで最大のチャムパの建築物であり、門寺院地域(現在、もうなくなりました)、Mandapa(前寺院地域)、寺院地域の3つの地域に分かれています。
Mandapa(前寺院地域):この建築物は11世紀に焼きレンガで建てられました。八角形の柱が並んでいるのが特徴であり、外側には12個の小さな八角形の柱、内側には10個の大きな柱が並んでいます。調査によると、科学者たちは、ここは式典に贈答品を提供する際に準備する場所になる可能性があると述べています。

寺院地域:現在残されている遺跡は寺院6カランがあります(チャムパ語でのカランは寺院/塔です)。寺院はすべて同じ方法で建てられており、大きさだけが異なります。古代チャンパの碑文は、この寺院の歴史、特にチャンパ王国の歴史、文化、宗教を理解する上で、研究者にとって大きな価値があります。

毎年、旧の3月20日から23日にかけて、Ponagarタワーのお祭りが開催されます。チャンパの人々にとって宗教的なな意味があるだけでなく、Ponagarタワーのお祭りはカンホアの人々にとって大きな祭日でもあります。
ニャチャンを訪れた際には、Ponagarタワーに訪れてみてください。チャムパの人々の習慣や伝説について触れ合うことができます。

筆者:PHAM THI DIEU LY

ベトナム・ミャンマー進出支援メニュー

ベトナム・ミャンマー進出顧問

進出顧問サービス内容
ベトナム・ミャンマー進出支援メニュー

現地生活情報サポート

現地生活情報サポートサービス内容