VAC現地法人スタッフのコラム
Staff Column

VACサイゴンスタッフコラム

サイゴンの雨


「サイゴンは突然曇り、雨になる…
サイゴンは日中、 急に雨が降って空が暗くなる …
何とかわいいのだろうか
雨季乾季二つの季節、晴れと雨が交互にくる、
二つの季節は四季のことを思い出す..」
歌名: サイゴン晴れ、サイゴン雨- Duc Tuan

 
この歌の歌詞は、サイゴンの気候の特徴を描いています。ハノイのしとしとした雨のようではなくて、サイゴンははっきり二つの季節にわかれていて、雨季と乾季があります。またはフエの雨のように非常に長い間何日も連続してしょぼしょぼと降っているわけでもありません。サイゴンの雨というと、誰もがすぐに思い出すのは、突然降り出し、その後突然止む激しい雨のことです。
5月から11月にかけて、サイゴンは火を注ぐようなめらめらとした熱波の中に、その暑さをいくらか緩和させる雨を与えて、涼しさを感じさせるでしょう。そして、一人一人ずつの喧騒の人生の中に安らぎの気持ちをもたらすのではないでしょうか。

そんな美しい雨でも、それもサイゴンの人々の生活には、多くの不都合をもたらします。雨の日には、インフラがまだ貧弱なため、雨水が流れずに道路が川のようになり、交通渋滞は避けられません。また、突然の雨は、経営している人たちに苦しいことを与えることも多いです。「サイゴンでは、雨季は苦しい季節だ」と、多くの人々がこういうふうな考え方を持つのは避けられません。

現在、ホーチミン市も交通システムを改善していますので、数年後に人々は今のように雨が降ることを恐れていないことを望みます。その代わりに、天気のリズミカルな優しい変化により「サイゴン晴れ、サイゴン雨」は、人々にこの都市と気候および人々をもっと愛させるようになるでしょう。

筆者:Ms.Tinh