シンガポールの統合型リゾート(IR)について(2)/IR導入の効果は?

2020年1月5日(日)

IRの特徴の1つとして、必ずしも公的財源を必要とせず、観光振興から大きな経済効果が期待できることが挙げられます。
IRの導入により、シンガポールではどのような効果があったのでしょうか。

IR導入の効果

以下に、主な効果を示します。

●インバウンド効果

マリーナベイとセントーサの両施設がオープンした2010年の観光収入は、約188億シンガポールドル(S$)であり、2009年の約126億S$から約50%も増加しています。
50億S$相当のカジノ関連収入が、観光客からの収入の増加に大きく貢献しています。
また、シンガポールへの来訪者数も急増し、2009年の968万人から2010年は1,160万人へと約20%増加しています。インドネシアやマレーシアなどの近隣諸国のほか、中国からの観光客が多くなっています。
2010年以降も、両施設が国際的な観光拠点として好調なことも後押しし、観光収入、来訪者数ともに増加傾向にあります。

●新規税収の獲得

両施設の開業に伴い、賭博税(推定500億円超)、運営業者からの法人税に加え、ライセンス収入(2018年は4,400万S$)、入場料(年1億3,100万S$)などが、国の新たな収入源として生まれました。

●新規雇用の創出

両施設の開業時点での新規雇用者は、直接雇用だけで合わせて2万人以上といわれています。
直接雇用のほかにも、IRの導入により、飲食業、小売店、造園、交通、警備などのさまざまな業種において、大きな雇用創出効果があったとされています。
同国では今後も、新規に5,000人の雇用需要を生み出すとしています。
IR導入は、シンガポールのサービス業の雇用増加に大きく貢献していると考えられます。

●MICE振興

「MICE」とは、Meeting(企業などの会議・セミナー)、Incentive travel(企業の報奨・研修旅行)、Convention(国際会議)、Exhibition(展示会)の頭文字をとった集客活動のことをいいます。シンガポールでは国を挙げて、IRとMICEの相互補完により、観光という枠組みを超えて収益性を高めることを目指しています。
MICE施設の利用者は、観光客よりもIRでの滞在時間が長く、IR内のホテルや飲食・物販施設などの稼働率・収益率の向上などに寄与しています。このことから、カジノとMICE施設による集客が、IR全体の消費につながっているといえます。

ここまでIR導入による効果をご紹介してきましたが、カジノを含んでいるIRには負の側面もあることを忘れてはなりません。
次回は、シンガポールにおけるギャンブル依存症対策とその成果について、お話ししたいと思います。

(3)に続きます

海外進出支援メニュー

海外進出顧問

海外進出顧問サービス内容
海外進出支援メニュー

M&A・投資

M&A・投資サービス内容
海外進出支援メニュー

駐在員事務所・会社設立

駐在員事務所・会社設立サービス内容